Snow Man佐久間大介と阿部亮平が炎上!?BTSファンから怒りの声噴出

スポンサーリンク

世界に向けたグループへ進化を続けるSnow Man。

海外市場でバッティングしていきそうなK-POPグループであるBTSのファンから批判の声が相次いでいる。

まずは11月21日頃からSnow Manの過去の公式動画が5本ほど削除。これらの動画の共通点から佐久間大介が着ていたTシャツのデザインがその理由だと見られている。

そのTシャツとは、原爆のきのこ雲をデザインとしているように見受けられ、2018年に日本で大炎上したBTSのきのこ雲Tシャツ騒動が記憶に新しい。BTSはその後、発表されていた「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)の出演を取りやめ。その後も日本市場では警備の強化など、活動のしづらい状況が続いている。

佐久間を中心とした動画が削除されたのは、紅白へ向けて炎上を回避したいのではと考えるファンが多いようだ。BTSファンからはジャニーズはなぜ責められないのか批判の声が多い。

さらに追い打ちをかけているのが、11月末の雑誌のインタビュー。

今度は阿部亮平が「BTSさんがビルボードで1位になったニュースを見たんですが、Snow Manもあそこまで行けると思っています」と発言したことだ。

「あそこまで行きたい」ではなく「行ける」という発言だっただけに、BTSファンから「舐めてる」等と批判の声が上がっているようだ。

同じく嵐の松本潤も11月上旬に「K-POPのルーツはジャニーズ」と誤訳され、炎上した。

これも松本はビルボード1位を獲得したBTSの「Dynamite」を何度も聞いたと発言。それは嵐がブルーノ・マーズとコラボした「Whenever You Call」がチャート上位に入らなかったことに関連してK-POPを称えるような内容だったため、発言の本質とはまったく違う。

ネット配信も含め、海外市場にさらに目を向け始めたジャニーズ。

今後もK-POP勢にまつわる炎上は頻繁に起きそうだ。

スポンサーリンク

Snow ManのBTS絡みの炎上への反応