Snow Manラウールにタッキー「紅白に出ると言うことは…」。他担からはタキニ批判噴出

スポンサーリンク

11月16日、NHKから正式発表された年末の「第71回NHK紅白歌合戦」出場者。

今朝からSnow ManとSixTONESの内定報道で盛り上がっていたが、昼ごろには都内の同局で会見が行われ、Snow Manのメンバーが喜びを語った。

Snow Manのリーダー岩本照は「今年デビューさせて頂いて出場できるとは思っていなかった。素直にビックリした気持ち。出させてもらうからには一生懸命頑張ります」と意気込みを語った。

また今朝事務所で出場報告を受けたラウールはジャニーズ事務所副社長となった滝沢秀明から話を聞いたといい、「滝沢さんから聞きました。ここにいるのが不思議な気持ち」と感想を語った。

またタッキーからは「紅白に出ると言うことは今年活躍したアーティストという事だよ」と言われたことを明かした。

ジャニーさんがお気に入りだったメンバーは「スペオキ」(スペシャルお気に入り)と言われていたが、タッキーのお気に入りのメンバーは「タキニ」(タッキーのお気に入り)と言われることが多いようだ。

そして紅白に出場できなかったグループのファンから中心にやはりタキニ批判が上がっている。ラウールへの言葉の裏を返せば紅白に出れないということは今年活躍していないとも受け取れるからだろうか。

選んだのがタッキーかどうか定かではないが、著名人なだけに何か問題があるとすぐにタッキーに矛先が向いてしまうようだ。

スポンサーリンク

タキニ批判への反応