Snow ManのメンバーにNHKドラマ出演内定報道!?あのメンバーが有力候補か

スポンサーリンク

11月16日にサイゾーが報じた“「NHK『紅白歌合戦』出場者発表に「ジャニーズが多すぎる!」ブーイングの声 タッキー猛営業と嵐卒業が影響か」”という記事のある一文が話題となっている。

7組の出場が多すぎるという内容は複数メディアが報じているので触れないが、嵐が紅白司会オファーを蹴ったことで制作陣が焦り、目玉企画が無くならないように枠を増やしたという。

ファンがざわついたのはその記事の中で

「SixTONESはEテレでの特番が決まっており、Snow ManのメンバーはNHKの某ドラマに出演が内定している。」

引用 日刊サイゾー

とあることだ。

SixTONESは紅白発表と同時にMC番組「バリューの真実」が決定している。

ではSnow Manは何も無いかというと、発表のタイミングこそ合わなかったがメンバーにドラマが内定しているというのだ。

実はサイゾーは10月にも同様の内容を「週末芸能ニュース雑話」の中で書いており、登場した記者の「実は大河ドラマ出演が内定しているメンバーがいるらしいですよ。そろそろ発表があるかも」という発言が話題となっていた。

最有力候補は宮舘涼太。2018年にNHK総合の「ぬけまいる〜女三人伊勢参り」で時代劇に出演経験もあり、目標の1つに大河ドラマを掲げている。そのため宮舘涼太が有力だと噂になっていた。

またもう1人、ファンから有力だとして名前が上がっているのが向井康二だ。

次の連続テレビ小説第103作「おちょやん」は大阪が舞台。ここへの出演となれば、関西弁を自然と使える向井康二の可能性もあるかもしれない。

しかし放送開始は11月30日から。既に第3弾キャストが10月15日に発表されており、撮影スケジュール的にも“ちょい役”でここに入るのは無いだろう。

しかも「おちょやん」の次の連続テレビ小説第104作「おかえりモネ」にはKing & Prince永瀬廉が出演。既に撮影も進んでいる。

ちなみに昨日は紅白発表とあわせて“2020年のカウコンの放送は無し”とサイゾーと同じくしれっと報じた東スポも話題となった。

果たして宮舘涼太の大河ドラマが内定している可能性が高いのだろうか。

スポンサーリンク

Snow ManにNHKドラマ内定への反応