SixTONESアルバム「1ST」とツアー「on eST」を発表。やはり匂わせだった!ツアー名の並び替えにも注目

スポンサーリンク

11月20日、早朝の各スポーツ紙が一斉にSixTONESの1stアルバム発売アリーナツアーを報じている。

来年1月6日発売のアルバムは「1ST」。やはり先日ラジオで突如流された新曲「ST」や国際手話やオフィシャルサイトなど数々の匂わせを解読したスト担の読みは確かだったようだ。

「1st」は「初」「SixTONES」のSTを組み合わせたもので、3形態。シングル3曲に新曲7曲の10曲が収録。

原石盤には「RAM-PAM-PAM」など5曲、「音色盤」にはメンバー2人ずつが組む3曲、通常盤には特別アレンジした「Telephone」など3曲が入るという。

またアリーナツアーの「on eST(オン・エスト)」は「ONE」「ST」を組み合わせ、状態を表す前置詞「on」と最上級を意味する「est」に分解。最上級のパフォーマンスで最上級の時間にしようという決意の表れだという。

またスポーツ紙では触れられていないようだが「on eST」を並び替えるとStone、tones両方とも変換できる。

初アルバム「1ST」を引っさげ全国7会場30公演となるようだ。

スト担が探偵化しているが、直近注目されているのは11月24日の「進化の日」。アルバムとツアーは既に発表されたが、何かしら新発表があるのだろうか。それともただの深読みか。

ファンのワクワクする日々が続きそうだ。

スポンサーリンク

SixTONESがアルバムとツアー発表