元人気ジャニーズJr.ユニットLove-tuneが7ORDERでメジャーデビュー!キンプリやスノストと切磋琢磨した7名

2018年11月にほとんどのメンバーがジャニーズ事務所を退所した元人気ジャニーズJr.のLove-tune。

※安井謙太郎などは映画の都合などもあって、翌年退所。

Jr.時代には当時、King & PrinceやSnow Man・SixTONESらと人気を競い合っており、デビューが期待されていたグループだ。

退所後に安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央の7人のメンバーは7ORDERというグループ名で、2020年3月には初のオリジナル楽曲「Sabaoflower」でインディーズデビュー。レーベルは「7ORDER RECORDS」という自ら主宰のものだった。

そして今度は日本コロムビアから来年1月13日に1stアルバム「ONE」とDVD「UNORDER」をリリースすることとなり、ついにメジャーデビュー。発売日当日に日本武道館での初のワンマンライブを開催することも発表された。

King & Princeデビュー後に契約書締結問題のいざこざもあり退所したと見られる7人。今年デビューのSnow ManとSixTONESの活躍を7人はどのように見ているのか。

Snow Manが2作連続ミリオンヒットを達成している中、7ORDERの売上枚数にも注目が集まる。