Hey! Say! JUMPだけフォントがCentury Gothic!?紅白HPで特別扱いだと話題に

スポンサーリンク

11月16日発表された「第71回NHK紅白歌合戦」出場歌手。白組出場歌手の3分の1がジャニーズだと話題となったが、もう1つのジャニーズの特別扱いが話題となっている。

それはNHK紅白歌合戦の出場者一覧の名前のフォント。公式HPではHey! Say! JUMPの表記だけ大きく浮かんでいるように見える。

実はHey! Say! JUMPだけフォントが他と違うようだ。

「Century Gothicで表記」というルールが徹底されているようで、そのため他の出場歌手よりも文字が大きく見えるという。

過去に表紙デザインでHey! Say! JUMPの12文字と向き合ったというデザイナーのブログを紹介しておく。

ジャニーさんのマーケティング・ブランディングの一環だと思われるが、このこだわりがトップを目指すエンターテイナーには重要なのだろうか。

スポンサーリンク

Hey! Say! JUMPだけセンチュリーゴシックへの反応